ペットの保険について-その1-

ペット保険とはペットである犬や猫などが病気やケガなどの時に動物病院で支払う医療費の一部を負担してくれることによって飼い主の経済的な負担を軽くしてくれるというサービスで、人間の場合の健康保険、医療保険と同じような仕組みのものです。

大別するとペット保険は2種類に分けることが出来ます。割引き型ペット保険と給付型ペット保険です。割引き型ペット保険は動物病院での支払い時に加入ペット保険の会員証を提示することで医療費の割引きが受けられるペット保険です。一方、給付型ペット保険は一度飼い主が医療費を支払った後に、必要な書類を揃えて給付申請をして後日医療費の一部が払い戻しされるペット保険です。

あなたがペット保険に加入する前にぜひやってほしい確認事項があります。それはペット保険の対象になる病気、けがの種類、ペット保険の対象になるペットの種類、ペット保険加入年齢制限、掛け金の額や掛け捨てかなどです。条件は各ペット保険会社によって違います。口コミや評判、人気ペット保険ランキングなどを参考にして、資料請求も必ずしてください。

ペットはあなたの家族と同じ、パートナーと同じ、子供と同じ大切な存在です。ペットも長生きするようになってきて、人間と同じように癌や心臓病、痴呆や白内障などの病気になるようになりました。治療や入院などが長期間に渡り、医療費が家計を大きく圧迫することも珍しくありません。安心して治療に専念するためにもペット保険はこれから必須です。

ペットフードについて

ペットフードを見直す動きが出てきています。ペットが、一昔前とは異なり家族以上の存在・人生のパートナーと位置づけている方が非常に多くなりました。こうした背景から安価に買えるペットフードが大事なペットに悪影響を及ぼしているのではないかと考える人が増えてきているからです。

毎日、ペットにペットフードを与えている方に質問です。そのペットフード、あなたも食べる事が出来ますか?きっと、いいえと答える人が多いと思います。問題は味や匂いではなく、おそらく安全かどうか解らないからでしょう。色が妙に鮮やかで、素材の割には破格だから、ではないかと思います。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ペットフードは食品ではありません。物です。つまり、人間の食物のように様々な安全に関する規定があるわけではなく、原材料の表記でさえ、きちんとなされていないのが現状です。残念ながら開けてみなくては解らないのがペットフードなのです。

そんなペットフードを食べ続けたペットと、余計な添加物を加えない自然食を食べ続けたペットとでは後者の方が確実に長生きします。また、ペットフードから自然食に変えることで、それまでの皮膚病やアレルギーが治ったという報告もあります。ペットの食事を見直してみませんか?

手作りペットフードのメリット・デメリット

著 者: 池田 康祐
手作りペットフードが注目されつつあります。 されつつあるという表現には意味があって、 「手作りペットフードが良い!」 のではなく、 「最近は市販のペットフードが危険だから、手作りペットフードにしようと思う」 という思考移動なんです。 確かにペットフードリコール問題を機に、ペットフードやおやつに対する考えかたが変わってきました。 ペットフードショップでも扱う商品に変化がみられます。 ・自然素材をそのまま使ったペットフード ・素材の栄養価を落とさないように作られたペットフード ・全ての原材料を表記したペットフード など、様々なペットフードが出てきました。 しかし残念ながら価格ということに関しては従来のペットフードの倍以上するものがほとんどです。 しかも嗜好性をあげるために匂い付けされていた従来のペットフードとは違い、不要な成分が一切添加されていないペットフードは、ご飯の時間に与えても食べないことが結構あります。 美味しそうな感じではないのでしょう。 まず上記の問題をクリアできるのが手作りペットフードのメリットです。 カロリー計算もしやすいので、療養中のペットやダイエット中のペットにも最適です。 犬はフードの味を気にすることはない! いろんな種類のものを食べさせても同じだ! こんな意見の獣医師がいますが、それは間違い! なら、どうしておやつによっては食べたり食べなかったりするのでしょうか? ご飯も好き嫌いがありますよね? このあたりもクリアできる部分です。 ペットにとって大きなメリットがある手作りペットフードですが、残念ながら飼い主にはそれがデメリットと感じることがあるようです。 面倒臭い! これなんですよね・・・ 毎日作るのは大変だぁ。 でも、飼い主が食べているのは手作りですよね? そりゃたまにはレトルトやお弁当、店屋物などもあるでしょうが、基本的には奥様や本人手作りだと思います。 それにさらにペット用のフード? しんどいわぁ! こんな声が聞こえてきそうですが、だったら、飼い主も一緒に食べられる手作りフードを作れば? 私が紹介しているレシピは全て私も食べています。 何だかいいものですよ♪ すごく愛犬と近づいた気持ちになります。 毎日は無理でも、週末とかだけでもペットと一緒に、ペットと同じご飯を食べてみませんか? お正月やクリスマス、誕生日など家族のイベントに大切なペットも参加させてあげましょうよ! Dog News Park        池田 康祐 http://peppydog.biz アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

ペット保険を比較検討するポイント

ペットにも人間と同じように病気やケガなどを保障してくれるペット保険があります。ペットの医療費はかなり高額になる場合がありますので、イザという時にペット保険が役に立ちます。ペット保険はイギリスなどではすでに定着しており、日本でも徐々に浸透しています。ここではペット保険選びのチェックポイントを比較検討していきたいと思います。

ペット保険を比較検討する際の第一のポイントは保障内容でしょう。ペット保険の保障内容には、ペットが病気やケガで入院・通院した時に保険金が支払われる医療保障の他にも、ペットが死亡した時に保険金が支払われる死亡保障、ガンと診断された時に保険金が支払われるガン保険、他人に噛み付いてケガをさせたり他人の物品を壊したときに保険金が支払われる賠償保障などがあります。

ペット保険の保障内容の比較検討が終われば次は保障制度の比較検討も行いましょう。ペット保険の保障制度には、医療費などに対し一定の割合(50%、70%、90%など)をかけた保険金が支払われる定率タイプ、入院・通院・手術などに対して一定額の保険金が支払われる定額タイプ、実際に要した金額が支払われる実額タイプの3種類があります。

さらに、保障内容や保障制度の比較検討以外にも、ペット保険各社の加入条件や各種割引、各種サービスなども比較検討するとなお良いでしょう。また、ペット保険会社によって加入できる動物も異なっています。犬や猫であればどのペット保険でも加入できますが、鳥、うさぎ、ハムスター、りす、爬虫類などは加入できるペット保険が限定されるので注意が必要です。

ペットショップについて

ペットを飼っている人でペットショップを利用したことがない人はまずいないでしょう。最近は街のあちらこちらで見かけるペットショップ。1兆円産業といわれるペット業界において着実にその数を伸ばしているペットショップですが、その急激な伸びに比例して、トラブルも急増しているようです。

たくさんあるペットショップですが、生態の管理に関する質のばらつきが大きく、ペットショップの選び方を間違うと、購入後のトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。ペットショップは生態管理に関する統一された基準がなく、それぞれのショップで独自の基準により運営されています。生態に対する愛護精神よりも、販売効率や利益を最優先させるペットショップもあるわけです。

ペットショップの抱える問題は、インターネット上でも同じです。ペット用品などの購入はそれほど問題ないと思われますが、子犬や子猫などの小動物をネットショップで購入する場合、健康面の管理や飼育が行き届いたショップであるかどうかは判断が難しいでしょう。実店舗も運営しているペットショップであれば、一度はお店を覗いてからネットを利用することを考えるとよいでしょう。

いいペットショップを見つけることは、ペットとの楽しい生活を始める上で必要不可欠です。できれば購入後もいろいろ相談に乗ってくれ、飼育に関するアドバイスをきっちりしてもらえるペットショップが理想です。ペットを飼えば、長い付き合いになるペットショップ。自分の目で確かめるにしろ、口コミ情報を集めるにしろ、本当に信頼できるペットショップ見つけたいものですね。

ペットサロンについて

ペットサロンという言葉は、ペットブームに比例して最近よく耳にするようになりました。ネットで検索してもたくさんのペットサロンが並びます。しかし利用したことがない人にとっては、どういったお店なのか、ピンとこないかもしれません。一般的にはペットのためのシャンプーやトリミングを行う美容室と考えればいいですね。実際、トリミングサロンなどのわかりやすい名前をつけているところもあります。

美容関係のお店に使われることが多い、「サロン」という言葉。その理由はこの言葉の由来にあります。フランス語の「Salon」は、もともと応接室などの部屋を意味する言葉ですが、宮廷や貴族の邸宅を舞台にした社交界のことを意味するようになりました。着飾った貴婦人たちがきらびやかな部屋で談笑する。こんな華やかなイメージが「サロン」にはあるわけです。ペットサロンもペットのおしゃれを楽しむ社交的な場であると考えれば、その名前にも納得性がありますね。

ペットサロン選びのコツは、
1.トリマーがベテランであること
2.気に入ったトリマーを選べること
3.ペットに対する接し方に愛情があること
4.ペットに対して情報や適切なアドバイスをしてくれること
5.お店が清潔であること
などです。

何よりもペットを安心して任せることができ、飼い主も満足できることが一番ですから、お店の雰囲気に惑わされず、納得いくまでチェックしてからお店を決めることがポイントです。

最近のペットサロンはトリミングだけではなく、泥エステやアロママッサージなど、人間に対するのと変わらないサービスまで提供するところも出てきました。そのうちペットと一緒に人間もエステやアロママッサージを一緒に受けることができるサロンが出てくるかもしれないですね。まだペットサロンを利用したことがなければ、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

ペットは海水浴場でストレスを増幅させる

著 者: 池田 康祐

夏になると愛犬を連れて海水浴に出掛ける人は多いでしょう。

ペットと一緒に泳げるなんて素敵ですよね♪

兵庫県にはペット用のビーチもありますが、利用料を取られることを嫌がり、普通の海水浴場に向かう人の方が多いようです。

人の少ない海水浴場を探して遠くまで出掛ける・・・

その苦労の甲斐あって一緒に海水浴ができる(^^)


今日はマナーの問題はおいといて、その環境についてお話します。


人が少ないといってもやはり夏の海水浴場はあちこちで遊泳や日焼けをしている人がいます。

そんな人達の迷惑にならないように気をつけるのは当たり前ですが、その環境下に置かれているペットは果たして快適なのでしょうか?


確かに泳いでいる時は気持ち良いでしょうが、ひとたび砂浜に上がると知らない人達がペットの視界に飛び込んできます。

よほど利口なペットでない限り落ち着きをなくすのは言うまでもありませんね。

さらに砂浜は厳しい夏の日差しで熱せられています。

火傷した経験のある人も多いでしょう。

そこをペットに歩かせるわけですよ?

一歩間違えば虐待となる行為です!

こう考えるとペットにとっての海水浴場はストレス発散ではなく、ストレス増幅の場ってなりませんか?

なので我が家では早朝か夕暮れ時に海水浴場に向かいます。

人もまばらだし、砂浜も熱くないし。


ペットの遊泳時のことだけじゃなく、その前後や環境も考慮してペットと海水浴に出掛けてくださいね!!



Dog News Park       池田 康祐
http://peppydog.biz



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
タグ:愛犬 ペット

ペットの葬儀

ペット専用の火葬炉はさまざまなものがあります。ペットブームにより、家族の一員であるペットの葬儀もとても重要視されるようになりました。それにつれ、ペット専用の火葬炉の需要も高まっています。最近では環境問題に配慮した製品も登場しているようです。

ペットの葬儀が増える中、ペット専用の火葬炉を製造する会社も多くなっています。火葬炉の種類は小型から大型までさまざまですが、ペットセレモニーによって設備は違うようです。無煙無臭、ダイオキシンを発生させない環境に配慮した火葬炉の人気が高くなっているようです。

通常のペットセレモニー、ペット霊園ではペット専用の火葬炉が完備されているところがほとんどですが。場所によって、納骨までできるところ、慰霊碑を設置できるところ、墓地まであるところなどその種類はさまざまなようです。利用する場合は事前に確認することをおすすめします。

ペットといっても最近はさまざまなペットがいいますが、ペットの火葬炉も小鳥から大型の犬までさまざまな動物に対応しているものが多くなっています。しかし、ペット霊園、ペットセレモニーによって対応していない動物、大きさもあるようなので、行く場合は事前に確認してから行きましょう。

失敗しない子犬の選び方

あなたはペットショップで子犬を見て、かわいいからと
ただそれだけで、子犬を飼いますか?

ちょっと待ってください

子犬の間というのは一瞬です。
それから長く続く犬との生活を失敗しない為にも
このレポートを読んでください。

子犬の間はどの犬も、かわいいものです。

まず失敗しない子犬選びを読んで、自信を持って
ペットショップに出かけてください。

後で後悔のないように、楽しく子犬と暮らせることを願います。


▼無料レポートはこちらから請求できます
失敗しない子犬の選び方

ペットホテル

ペットホテルの需要が急激に伸びて来ているそうです。その理由としては、人のパートナーとしてペットの飼育世帯が増加してきている一方、レジャーの多様化、大型化により家を離れる機会が増えたため、そのギャップを埋めるために必要とする人々が急激に増えたためと思われます。

設備からペットホテルをみてみると、ペットが宿泊する個々のお部屋が基本であり、ペットホテルの立地条件により、お散歩用の運動場などが併設されています。また、ペットのケアをする専属スタッフを配備しているところが多いようです。オプションにより滞在中にトリマーなどを行ってくれるペットホテルもあります。

たくさんあるペットホテルの中から信頼できるお店を選ぶために、事前の下見をお勧めします。この際にチェックする点は、「伝染病の複合ワクチンの予防接種を利用条件としていること」と「衛生管理がしっかり行われていること」になります。ポイントは、排泄物の処理、ケージやサークルがステンレス製、異臭が無いこと、床がフローリングでないことなどです。

肝心の利用したいペットホテルがどこにあるかですが、これは施設が存在する場所によって大まかに3つのパターンがあります。ご自宅に近いパターンが一つで、住宅街に存在します。また、近隣への配慮や自然環境を大事にした郊外に存在するパターンもあります。最後は、利用する人の利便性を最大に考えた空港近くに存在するパターンです。それぞれのパターンを良く理解して、最もふさわしいペットホテルをお選び下さい。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。